窃盗

窃盗

窃盗罪とは、他人が占有する物を、その人の意思に反して自己の占有下に置くことで成立する犯罪です。

スリ、万引き、下着泥棒などは窃盗に当たります

刑の重さ

窃盗罪の罰則は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。 被害品の価値などが刑の重さに影響し、罰金の場合20~30万円、懲役の場合3年以下となることが多く、初犯であれば執行猶予となることも多いです。

弁護活動

一口に窃盗と言っても、その内容は様々です。

いわゆる万引きのようなものもあれば、スリや下着泥棒も窃盗に当たります。路上で行われる場合もあれば、他人の家に侵入してなされる場合もあるでしょう。

そして、その動機も様々です。ちょっとした出来心で万引きしてしまう方もいるでしょうし、生活の困窮からやむなく食べ物を盗んでしまう方もいるでしょう。性的な欲求から下着などを盗んでしまう人もいます。クレプトマニアなどのような精神障害が原因の場合もあります。

このように、単に「窃盗」と言っても、そこには様々な事情があります。

当然、その事情によって、最適な弁護活動は変わってきます。生活自体の立て直しが必要な場合もあれば、医療機関による治療が必要な場合もあります。

また、窃盗罪は「財産犯」ですので、被害者の方への被害弁償や示談が、非常に重要になってきます。示談を得ることで、不起訴になったり、執行猶予になったりすることもあります。 北千住パブリック法律事務所では、こうした一人ひとりの事情を見極め、最適な弁護活動を追求していきます。

解決実績