傷害罪・傷害致死罪

傷害罪・傷害致死罪

 傷害罪は,故意に人の身体を侵害した場合に成立します。他人の身体を害した場合に,この罪が成立しますので,被害者の傷害の程度や,どれくらい危険な行為を行ったのかによって,量刑が決まります。

 傷害致死罪は,故意に他人の身体を侵害し,相手が死亡した場合に成立します。殺意を持って,行為を行った場合には,殺人罪になりますので,殺意がない場合が,傷害致死罪です。傷害致死罪は,結果は相手の死亡という点で同じですから,どれくらい危険な行為を行ったのか,なぜそのような行為を行ったのかにより量刑が決まります。なお、傷害致死罪は,裁判員裁判対象事件です。

刑の重さ

 傷害罪は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金(刑法第204条)と定められています。
 傷害致死罪は、3年以上の有期懲役(刑法第205条)と定められています。

弁護活動

 傷害罪も,傷害致死罪も,相手に危害を加えた犯罪ですから,被害者又はその遺族と示談交渉を行うことが重要です。示談の成立により,不起訴になる可能性,保釈が認められる可能性が高まりますから,一刻も早く示談交渉を開始することが必要です。

 また,傷害致死罪は,裁判員裁判対象事件となりますので,裁判員裁判に対応した弁護活動を行うことが重要です。裁判員裁判は,一般市民にも分かりやすいように訴訟活動を行う必要があり,訴訟活動により結果が大きく変わります。弊所は,弁護士向けの裁判員裁判対応研修の講師を務める弁護士が多数在籍し,裁判員裁判の経験も数多くあります。