痴漢、盗撮

痴漢事件

電車内などで女性の身体に触ったり陰部を露出したりする犯罪です。

女性の身体に触った場合、その態様によって、都道府県迷惑防止条例違反、刑法上の強制わいせつ罪、の容疑がかけられます。都道府県迷惑防止条例違反(懲役6月以下又は罰金)よりも、刑法上の強制わいせつ罪(懲役6月以上10年以下)の方が罪は重くなっていますが、両罪の境目は明確ではありません。衣服の上から触った場合は迷惑防止条例違反となる傾向があるようです。

刑の重さ

初犯

迷惑防止条例違反であっても、強制わいせつ罪であっても、初犯であれば実刑(刑務所へ行くこと)となる可能性は高くありません。迷惑防止条例違反であれば罰金となる可能性が高いです。

再犯

実刑の可能性があります。

特に執行猶予中の犯行である場合、実刑の可能性が非常に高くなります。

示談

不起訴(検察官が処分しないこと)を狙うためには、示談が重要です。

起訴処分となる前に示談をすることが重要ですから、特に逮捕勾留されている場合は勾留満期(勾留から20日)までにスピーディーに示談交渉をする必要があります。

また、起訴後であっても、示談をすることで、執行猶予付き判決、より短期の懲役刑を目指すことができます。

勾留

逮捕されても、勾留されないケースが多くあります。(ただし、再犯の場合は勾留される可能性が高くなります。)

勾留されないためには、資料(家族の身元引受書等)を提出して勾留を認めないよう裁判所と交渉する必要があります。しかし、弁護人なしで裁判所と交渉することは難しく、国選弁護人は勾留後に選任される(勾留が決まる前の時点では国選弁護人がつかない)ため、勾留を争うためには私選弁護人を選任することをお勧めします。

*当番弁護士が国選弁護人に選任される前に裁判所と交渉してくれるケースもあります。

盗撮事件

女性のスカート内などをカメラで盗撮する犯罪です。

都道府県迷惑防止条例違反となり、懲役1年以下又は罰金となります。

(スカート内ではなく)ただ女性の外見を撮影するだけでは犯罪とならない傾向にあります。ただし、女性宅に侵入するなどして盗撮すれば、当然に犯罪となります。

刑の重さ

初犯

初犯であれば、罰金の可能性が高いです。

再犯

実刑の可能性があります。

特に執行猶予中の犯行である場合、実刑の可能性が非常に高くなります。

示談

不起訴(検察官が処分しないこと)を狙うためには、示談が重要です。

起訴処分となる前に示談をすることが重要ですから、特に逮捕勾留されている場合は勾留満期(勾留から20日)までにスピーディーに示談交渉をする必要があります。 また、起訴後であっても、示談をすることで、執行猶予付き判決、より短期の懲役刑を目指すことができます。

勾留

逮捕されても、勾留されないケースが多くあります。(ただし、再犯の場合は勾留される可能性が高くなります。)

勾留されないためには、資料(家族の身元引受書等)を提出して勾留を認めないよう裁判所と交渉する必要があります。しかし、弁護人なしで裁判所と交渉することは難しく、国選弁護人は勾留後に選任される(勾留が決まる前の時点では国選弁護人がつかない)ため、勾留を争うためには私選弁護人を選任することをお勧めします。

*当番弁護士が国選弁護人に選任される前に裁判所と交渉してくれるケースもあります。