覚醒剤事件

覚せい剤

このページは弁護士諸橋仁智が執筆しています。

目次

1 覚醒剤とは

2 刑罰

3 執筆中

4 執筆中

5 執筆中

6 執筆中

1. 覚醒剤とは

覚せい剤は、とてもおそろしいドラッグです!
使用すると脳の中枢に作用して異常な興奮をおこします。
ニュースで凶悪犯罪の逮捕者が「覚醒剤を使用していた」というのを目にし
たことがあるでしょう。

また、なによりおそろしいのは、その依存性の強さです。一度使用すると脳
のなかに覚醒剤を欲する強力な回路が形成されてしまいその回路は一生消えま
せん。

覚醒剤の密売は暴力団の資金源となっています。

2. 刑罰

覚醒剤取締法、麻薬特例法に定められている刑罰

「営利」目的や「業として」を認定されると、非常に重たい刑罰(初犯でも実刑の可能性が高い)となります。

実際の量刑は、以下のようになることが多いです。
 初犯 :懲役1年6月執行猶予3年。
 2回目 :実刑1年6月くらい。
 3回目 :実刑2年くらい。
 3回目 :実刑2年6月くらい。
 4回目以降:実刑3年くらい。
前刑が相当以前(10年くらい前)の場合、2回目以降でも執行猶予となるようです。

 2回目以降でも、執行猶予を付してもらうためには、薬物の断絶について真
剣に向き合っていることを主張しなければなりません。
 自助グループなどへの参加を検討すべきでしょう。

大麻事件

大麻の所持・譲り渡し等の犯罪です。(使用は処罰対象となっていません。)

所持量が多い場合や、複数の相手に有償で譲渡した場合などは、営利目的(利益を上げる目的)の所持・譲渡しとなり、通常の所持・譲渡しよりも重い処罰となります。

刑の重さ

法定刑:所持・譲渡しは、5年以下の懲役刑です。

   営利目的の場合、7年以下の懲役及び200万以下の罰金です。

量刑相場:初犯は、懲役10月執行猶予3年。

   2回目は、実刑10月くらい。

   3回目以降は、実刑1年超。 ただし、前刑が相当以前(10年くらい前)の場合、2回目以降でも執行猶予の可能性があります。

弁護活動

違法な捜査(強引な職務質問など)を争うことがよくあります。重大な違法があると認定されれば、その捜査で収集された証拠の証拠能力を否定できます。
薬物依存が原因の犯罪ですので、薬物依存からの脱却を目指すことが大事です。自助グループへの参加・入通院治療などを有利な事情として主張します。

解決実績

麻薬(コカイン・MDMA等)事件

麻薬(コカイン・MDMA等)の使用・所持・譲り渡し等の犯罪です。 所持量が多い場合や、複数の相手に有償で譲渡した場合などは、営利目的(利益を上げる目的)の所持・譲渡しとなり、通常の所持・譲渡しよりも重い処罰となります。

刑の重さ *ヘロインは除く

法定刑:使用・所持・譲渡しは、7年以下の懲役刑です。

   営利目的の場合、1年以上の有期懲役及び500万以下の罰金です。

量刑相場:初犯は、懲役1年2月執行猶予3年。

   2回目以降は、実刑1年超。 ただし、前刑が相当以前(10年くらい前)の場合、2回目以降でも執行猶予の可能性があります。

弁護活動

違法な捜査(強引な職務質問・採尿など)を争うことがよくあります。重大な違法があると認定されれば、その捜査で収集された証拠の証拠能力を否定できます。
薬物依存が原因の犯罪ですので、薬物依存からの脱却を目指すことが大事です。自助グループへの参加・入通院治療などを有利な事情として主張します。

解決実績